Geomagic® Control™

Geomagic シリーズ

Geomagic ControlはスキャンデータとCADデータ(またはスキャンデータ同士)の誤差を評価するソフトです。品質管理に必要な、カラーマップ(全体傾向)GD&T(幾何寸法公差)や結果の自動レポート作成等を行うことができます。
直感的な操作での検査を行い、またそれを高汎用で自動化(マクロ)することができます。

Geomagic シリーズ

ビデオ

スペック

  Geomagic® Control®
使用環境 サポートOS Windows® 7 (64bit), Windows® 8 (64bit),
PC環境 CPU:マルチコアプロセッサ、ハイパースレッディング対応、クロック周波数3GHz以上、メモリー:最少8GB、推奨16GB以上 
ハードディスク空き容量:30GB以上、推奨256GB以上の空き容量を持つSSDまたは10000RPM以上のHDD
ディスプレイ:最小1280x960、 推奨1280×1024以上の解像度、32bitカラー
グラフィックカード:OpenGL 4.0 以上に対応する単体のグラフィックカード(オンボードグラフィックスを除く)、 推奨2GB以上のRAM搭載のNVIDIA® Quadro®シリーズ
主な機能 3Dスキャナ直接制御
点群/メッシュの読み込み
点群編集(削除、サンプリング、ノイズ削除・等)
基本的なメッシュ編集(位置合わせ、合成、穴埋め、不正メッシュ修正・等)
位置合わせ(最適フィット、面・線・点整列、3面整列、RPS整列・等)
3D比較(CADとスキャンデータ、スキャンデータ同士)
2D(断面)比較
寸法検査、OK/NG判定(2D、3D)
幾何寸法公差(GD&T)
自動レポート作成(PDF、PPT、WordML、CSV、HTML、XPS)※Microsoft Office 製品の形式で出力する場合はソフトウェアがインストールされている必要があります。
マクロ作成

FAQ

どのくらいの大きさのものを処理できますか?

ソフトウェア側で読み込み点数の上限は指定しておりません。
読み込み点群数はマシンスペックに依存します。

ライセンスの形態は?

【バーチャルドングル】
 インターネットを介して使うPCを認識させます。このPCではもう使わないと認識させれば別のPCでも使用することが可能です。
【ドングル】
 ドングルをさしたPCで使用可能です。
【フローティング】
 インターネットを介してサーバー機を決め、そのサーバー機に接続されているPCで購入ライセンス分使用可能です。
【フローティングドングル】
 ドングルをさしてサーバー機を決め、そのサーバー機に接続されているPCで購入ライセンス分使用可能です。

保守はありますか?

ございます。
保守内容は購入後1年間、メールによる問い合わせ対応と無償バージョンアップです。
1年後からは、保守の有無を有償で選ぶことができます。

マニュアルはありますか?

日本語での書面チュートリアルをご用意しています。

操作教育はありますか?

iGUAZU会場(川崎)にて集合教育を実施しています。
詳細は下記リンク先をご参照下さい。
イグアスオリジナルGeomagic®シリーズ操作トレーニング>>

操作トレーニング

「Geomagic Control®操作トレーニング」

thum_geomagiccontrol_01.jpg      教育.jpg        image_geomagiccontrol_04.jpg  

米国3D systems社製 Geomagic Control®ソフトウェアのトレーニングコースを開催しております。

3Dスキャナで取得したデータを利用して、寸法計測やCADデータとの比較検査を行う方法について学ぶことが出来る初心者向けのプログラムです。

Geomagic Control®の操作方法を覚えたい方全ての方を対象としています。

現物のスキャニングから、ソフトウェアで検査、結果のレポート作成までの流れを1日を通してGeomagic Control®の使い方と活用方法を学習いただけます。

詳しくはこちら
イグアスオリジナル Geomagic®シリーズ操作トレーニング>>