Geomagic®Freeform®PLUS

Geomagic シリーズ

Geomagic Freeform PLUSは、Geomagic Freeformのモデリング機能に加え、複雑な型割り設計や、インサート成形、CADデータの入出力、オートサーフェスなどの製造設計に必要なツールを持つハイエンドタイプです。
3DデバイスはGeomagic TouchとGeomagic Touch Xの2種類から選ぶことが出来ます。

Geomagic シリーズ

活用例

ロフト/スイープアンダー検出と除去

アンダー検出と除去

金型にしたときの抜き勾配の検出と自動除去が行えます。
角度指定や、危険部の検出も可能です。

モールド機能

モールド機能

型割り線の自動抽出や型割り面、インローの作成、金型部分をセミオートで作成することが出来ます。

サーフェス ソリッドモデリング

サーフェス/ソリッドモデリング

CADと同じ概念であるサーフェスやソリッドでモデリングが行えます。
また、CADで作成した幾何形状を寸法やエッジを保持したまま読み込むことが出来ます。

オートサーフェス

オートサーフェス

ボクセルモデリングをしたモデルをサーフェシング(上からフィットした面を張る)して、IGESやSTEP、x_t/x_bなどのCADの中間フォーマットで出力することができます。

ビデオ

ハプティック3Dデバイス

touch.jpg

Geomagic Touch   スタンダードタイプ

 

 

TouchX.jpgGeomagic Touch X   ハイエンドタイプ

スペック

  Geomagic® Freeform® PLUS
使用環境 サポートOS Windows® 7(64bit), Windows® 8(64bit), Windows® 10(64bit)
PC環境 CPU: 推奨Intel Dual-Core Xeon (Woodcrest) 5150以上
メモリー: 最小8GB、推奨16GB以上、 ハードディスク空き容量:最小8GB以上、推奨256GB以上の空き容量を持つSSDまたは10000RPM以上のHDD
ディスプレイ:1920 x 1080以上の解像度、32bitカラー
グラフィックボード:オンボードを除くOpenGL 3.0以上 推奨NVIDIA® Quadro® シリーズ
主な機能
※太字はPlusのみの機能です。
バーチャルクレイモデリング(削る、引っ張る、曲げる、ひねる等のカービング)
2Dスケッチからの押し出し、回転、ロフト、スイープ等の立体化
寸法計測、体積、表面積、重心の計測、パーセンテージ及び体積でのスケーリング
サブディビジョンサーフェスモデリング、サブディビジョンに対する色付け
数値による角の丸みや傾斜の作成(フィレット、面取り)
カット、オフセット、ブーリアン(ボクセル、サブディビジョン、メッシュ等の異なった要素同士でもOK)
ポリゴンデータ(3Dスキャンデータ、stl、obj、plyの読み込み)とデータ同士の位置合わせ(ベストフィット)
グレースケール画像からのエンボス加工やAdobe Illustrator,DXFファイル等からのアウトラインデータの取り込み
ポージング、三点位置移動
カラーペイント、2D画像貼り付け、レンダリング
3Dプリンター出力最適化
アンダーカット部検出、自動修正、最適化
パーティングライン、パーティング面の作成
キャビコア分割、インロー生成
サーフェス、ソリッドの読み込み、作成
オートサーフェス(モデルのCADデータ化)

FAQ

一般的なCADとの違いはなんですか?

ボクセルという小さな立方体を3次元空間上に沢山配置して、それを減らしたり、増やしたりしながら立体の形状データを作成することが出来ます。
画面の中で粘土細工をしているような、数値にとらわれない形状を作成することが出来ます。
スキャンデータの修正や追加モデリングをすることも可能です。

どの様な業種・分野に向いている製品ですか?

有機的で複雑な形状と数値的な制限がある幾何的形状の両方を持ち合わせる形状をデザインするのに向いています。
玩具、遊具、宝飾、容器、陶器、スポーツ用品、医療などの幅広い分野でご利用いただけます。

ハプティックって何ですか?

【haptic】
 触感、手触りを意味します。
 Geomagic Freeform PLUSに付属するTouch Xを動かすと、画面の中の形状に当たって撥ね返されたり、形状の表面を突き破って
 中に入ったり、形状を押したり引っ張ったりする感覚を得られます。
 これを使って、形状を削ったり、盛り上げたり、押したり引っ張ったりして変形させることができます。

ライセンスの形態は?

【バーチャルドングル】
 インターネットを介して使うPCを認識させます。このPCではもう使わないと認識させれば別のPCでも使用することが可能です。
【ドングル】
 ドングルをさしたPCで使用可能です。
【フローティング】
 インターネットを介してサーバー機を決め、そのサーバー機に接続されているPCで購入ライセンス分使用可能です。

保守はありますか?

ございます。
保守内容は、ソフトウェアの無償アップデートと、メールでの問い合わせ対応、Touch Xの無償修理対応です。
購入後1年間は保守対応を行います。代替機はございませんのでご了承ください。
1年後からは、有償で保守をご締結いただけます。ご締結はお客様の任意となります。

マニュアルはありますか?

日本語での書面マニュアルがございます。

CADデータとして出力できますか?

オートサーフェス(自動曲面作成)機能がありますので、作成したSTLのデータにサーフェシングをして、Iges、STEP、x_t/x_bなどのCADの中間フォーマットとして出力することが出来ます。

Geomagic Freeformとの違いは?

ボクセルモデリングの機能はFreeformと同じです。
その後の生産ワークフローへ渡す際に必要な金型の割り線(PL線)の作成や面の作抜き、勾配分析や自動修正などの形状作成後の後工程に渡す最適なデータの作成を行うツールが搭載されています。

また、CADと同じ概念のサーフェスやソリッドでモデリングをすることができ、最大で5つの異なった概念を組み合わせてモデリングをすることが可能なハイブリットタイプになります。
詳しくは比較表をご確認ください。
比較表のダウンロードはこちら>>

操作教育はありますか?

iGUAZU会場(川崎)にて集合教育を実施しています。
詳細は下記リンク先をご参照下さい。
イグアスオリジナル Geomagic®シリーズ操作トレーニングはこちら>>

トレーニング

「Geomagic® Freeform®/Plusトレーニング」

 

 教育.jpg thum_FreeformPlus_01.jpg  Freefrom Plus トレーニング.png

イグアスでは米国3D systems社製Geomagic® Freeform®Plusソフトウェアの自社オリジナル操作トレーニングコースを開催しております。

3Dデータの作成やスキャンデータの変形についての基礎を学ぶことができる初心者向けのプログラムです。
以前トレーニングを受けて再受講したい方、また新しくご担当になった方を対象にしています。
3Dマウスの使用方法から、3Dデータの作成、編集の流れを1日を通して学習いただけます。

詳細はこちら
イグアスオリジナル Geomagic®シリーズ操作トレーニング>>