Geomagic Capture®

Geomagic Captureシリーズ

GeomagicCaptureは、目の前にある実物を
「3Dプリンターで造形したい」
「新たな設計に活かしたい」
といったニーズに、高額製品の機能に匹敵するスペックを持ちながら、お求めやすい価格の3Dスキャナーです。

Geomagic Captureシリーズ

活用例

samp_geomagic_01.jpg

「現物をスキャンします」

今回はパプリカをスキャンして、3Dプリンターに出力する工程をご案内します

samp_geomagic_02.jpg

「スキャンデータを調整します。形や色も変える事ができます。」

もちろん、パプリカを元に色々なデザインデータにする事ができます。

samp_geomagic_03.jpg

「データを3Dプリンターで造形します」

今回は、CubeとProJet660で造形します。

samp_geomagic_04.jpg

「モデルが出来上がりました」

どうですか?? リアルなハロウィンパプリカの出来あがりです

ビデオ

スペック

  Geomagic Capture®
製品仕様 重量 1.35kg
サイズ 49x74x276mm
スキャン速度 985,000点/スキャン(0.3秒/スキャン)
解像度 0.110mm(近距離)、0.180mm(遠距離)
精度 0.060mm
スキャン距離 300mm-480mm
スキャン深度 180mm
スキャン範囲 124x120mm(近距離)、190x175mm(遠距離)
使用環境 サポートOS Windows®7 (64bit),Windows®8 (64bit),Windows®10 (64bit)
PC要件 CPU:マルチコアプロセッサ、ハイパースレッディング対応、クロック周波数3GHz以上、メモリー:最少8GB、推奨16GB以上 
ハードディスク空き容量:30GB以上、推奨256GB以上の空き容量を持つSSDまたは10000RPM以上のHDD
ディスプレイ:最小1280x960、 推奨1280×1024以上の解像度、32bitカラー
グラフィックカード:OpenGL 4.0 以上に対応する単体のグラフィックカード(オンボードグラフィックスを除く)、 推奨2GB以上のRAM搭載のNVIDIA® Quadro®シリーズまたはGeForce®シリーズ
接続ポート LAN(ギガビットイーサネット)
ソフトウェアオプション
Geomagic® for SOLIDWORKS® SOLIDWORKSのインターフェイスでそのまま3Dスキャニング設計が行えます。SOLIDWORKSユーザーであれば、新たに別のソフトウェアを習得していただく必要はありません。
※別途SOLIDWORKSのライセンスが必要です。
Geomagic Capture® Design™ X 3Dスキャン設計に求められるあらゆる機能を搭載したアプリケーションであるGeomagic DesignXのパッケージです。DesignXでCADモデルを構築すれば、その履歴とパラメータ情報をSiemensNX、PTC Creo、Pro/E、Inventor and SOLIDWORKSに渡すことができます。
Geomagic Capture® Wrap® 3Dスキャナで測定したデータの欠損やディティールを修復し、3Dモデルを補完することができます。3Dプリンターへの出力は勿論、3D形状ライブラリ作成やCGデザイン等での活用、IGESでの出力で、金型設計における形状転写も可能。また複雑な立体形状の体積や表面積も算出可能なソフトウェアです。
Geomagic® Control® Geomagic ControlはスキャンデータとCADデータ(またはスキャンデータ同士)の誤差を評価するソフトです。品質管理に必要な、カラーマップ(全体傾向)GD&T(幾何寸法公差)や結果の自動レポート作成等を行うことができます。

オプション

Geomagic Capture® Pro Packオプションセット

自動スキャニングをどこででも!!

Geomagic Capture®と連動する回転テーブルと、製品一式を収納できる専用ハードケースをセットした
便利なオプションセットです。

回転テーブルは、Captureのショット数と連動して360°自動回転します。
対象物を効率よくスキャンできます。

専用ハードケースは Geomagic Capture®を安全にかつ持ち運びやすい様に設計されたハードケースです。
外出先でのスキャン作業に便利です。

 turntable.jpg   ProPack1.JPG   ProPack2.JPG

FAQ

どの程度の大きさの物が測れますか?

数cm~40cm程度の大きさです。

黒いものでも測定できますか?

黒い髪の毛程度は測定できますが、艶がある光沢の場合は洗浄可能な艶消しスプレーを塗布すれば測定出来ます。

解像度はどれくらいですか?

測定範囲の最近距離で0.110mm、最遠距離で0.180mmです。

主な用途はなんですか?

部品や、製品をスキャンし3Dデータ化することが可能です。

操作教育はありますか

iGUAZU会場(川崎)にて集合教育を実施しています。
詳細は下記リンク先をご参照下さい。
イグアスオリジナル Geomagic®シリーズ操作トレーニングはこちら>>