Geomagic®Sculpt™

Geomagic シリーズ

Geomagic Sculptは、Touch 3D Stylus(スクリーンの中にある形状に直接触ったような感覚をもたらすデバイス)を使用して、粘土を削ったり盛ったりする感覚で3D形状を作成します。
従来のCAD等の数値的なモデリングでは難しかった複雑で曲線的、有機的な形状を、直感的な操作で作ることができます。

Geomagic シリーズ

活用例

Geomagic Sculptページ 活用例スライド1

カービング

スクリーンの中のデータに触りながら、削る、盛る、やすりをかける等の機能を使用し形状を作成することができます。通常の3Dモデリングソフトウェアでは出来ないアナログ的な作業で、複雑な形をクリエイトします。

Geomagic Sculptページ 活用例スライド2

押し出し/回転

2Dの断面を描き、それを押し出す、又は回転させることにより立体を作成します。.iges,.aiファイルのような他ソフトで描いた2Dラインや、参照画像を読み込むことが可能です。

Geomagic Sculptページ 活用事例スライド3

合成/引き抜き

異なったパーツ同士を合成して形状を作成したり、引き抜いて型のデータを作成することが可能です。他ソフトで作成したオブジェクトやスキャンデータなどもFreefromの中で合成/引き抜きを行うことが出来ます。

Geomagic Sculptページ 活用例スライド4

エンボス

2Dの画像の白黒の濃淡で形状を隆起することが可能です。Freefrom内で作成したオブジェクトやまたは他のソフトで作成したオブジェクトの表面に対して2D画像を貼り付けてシボのような彫刻を施すことが出来ます。

ビデオ

スペック

  Geomagic® Sculpt™
使用環境 サポートOS Windows® 7(64bit), Windows® 8(64bit), Windows® 10(64bit)
PC環境 CPU: 推奨Intel Dual-Core Xeon (Woodcrest) 5150以上
メモリー: 最小8GB、 推奨16GB以上、 ハードディスク空き容量:最小8GB以上、推奨256GB以上の空き容量を持つSSDまたは10000RPM以上の HDD
ディスプレイ:1920 x 1080以上の解像度、32bitカラー
グラフィックボード:オンボードを除く OpenGL 3.0以上 推奨NVIDIA® Quadro® シリーズ
主な機能 バーチャルクレイモデリング(削る、引っ張る等のカービング)
押し出し、回転、等の2Dの立体化
計測、スケーリング
サブディビジョンサーフェスモデリング
2Dスケッチ機能
カット、オフセット、ブーリアン
ポリゴンデータ(3Dスキャンデータ stl、obj、ply)の読み込み
グレイスケール画像からのエンボス加工
Adobe Illusitrator、DXFファイル等からのアウトラインデータ取り込み
カラーリング
3Dプリンター出力最適化
オートサーフェス

FAQ

一般的なCADとの違いはなんですか?

ボクセルという小さな立方体を3次元空間上に沢山配置して、それを減らしたり、増やしたりしながら立体の形状データを作成することが出来ます。画面の中で粘土細工をしているような、数値にとらわれない形状を作成することが出来ます。スキャンデータの修正や追加モデリングをすることも可能です。

どの様な業種・分野に向いている製品ですか?

複雑な形状をデザインするのに向いています。玩具、遊具、宝飾、容器、陶器、医療などの幅広い分野でご利用いただけます。

ハプティックって何ですか?

【haptic】
触感、手触りを意味します。Geomagic Sculptに付属するTouch 3D Stylusを動かすと、画面の中の形状に当たって撥ね返されたり、形状の表面を突き破って中に入ったり、形状を押したり引っ張ったりする感覚を得られます。
これを使って、形状を削ったり、盛り上げたり、押したり引っ張ったりして変形させることができます。

ライセンスの形態は?

【バーチャルドングル】
インターネットを介して使うPCを認識させます。PCからライセンスを解放することで別のPCでも使用することが可能になります。
【ドングル】
USBポートにドングルを挿したPCで使用可能です。
【フローティング】
サーバー機を設定し、ネットワーク接続されているPCでご購入ライセンス数まで使用可能です。

保守はありますか?

保守はSculpt(ソフト)のみ有償で更新できます。
保守内容は、メールでの問い合わせ対応とソフトウェアのアップデートです。1年後からは、保守のご締結は任意となります。

ハードウェア(Touch 3D Stylus)に保守はございません。
購入後1年間は無償で修理対応致しますが1年後からは保証がなくなります。
よって故障した場合はハードウェア(Touch 3D Stylus)のみ新たにご購入していただく必要があります。 代替機はございませんのでご了承ください。

マニュアルはありますか?

日本語での書面マニュアルがございます。

Cubify Sculptとの違いは何ですか?

Cubify Sculptには3Dデバイスが付きません。またパーツ管理やモデルの解像度に制限があるなど様々な違いがあります。
詳しくは比較表をご参照下さい。
比較表のダウンロードはこちら>>

操作教育はありますか?

iGUAZU会場(川崎)にて集合教育を実施しています。
詳細はこちら。
イグアスオリジナル Geomagic®シリーズ操作トレーニング>>

トレーニング

「Geomagic® Sculpt™ 集合トレーニング」

          教育.jpg   Geomagic® Sculpt™教育3.jpg          Geomagic Sculptトレーニングイメージ.jpg   

 

イグアスでは米国3D systems社製 Geomagic® Sculpt™ソフトウェアの自社オリジナル操作トレーニングコースを開催しております。

3Dデータの作成やスキャンデータの変形についての基礎を学ぶことができる初心者向けのプログラムです。
以前トレーニングを受けて再受講したい方、また新しくご担当になった方を対象にしています。
3Dマウスの使用方法から、3Dデータの作成、編集の流れを1日を通して学習いただけます。

詳細はこちら
Geomagic®シリーズ操作トレーニング>>