CASE STUDY

ProJet® HD 3000 / エネルギー

日本の電力の安定供給を支える
架線金具の開発に貢献

「送電線架線金具」のパイオニア日本カタン株式会社では、架線金具を中心とした製品の開発に3Dプリンターが必須となっています。設計画面上やでは確認できない形状や、ソフトでは解析できない部分を正確に造形する事にとより、多くのメリットを得ています。

製造業

日本カタン株式会社

日本カタン株式会社


鉄塔写真.JPG日本カタン株式会社は「送電線架線金具」のパイオニアとして、架線金具を中心とした製品の開発を行っています。

架線金具は鉄塔と電線を繋ぎ、雨・風・雷・雪などの自然現象に耐えるよう最新技術が搭載されています。そのため設計段階において製品の耐久性や複雑な機構の確認が求められています。これらの確認には設計の過程で専用の解析ソフトを用い、その結果に基づいて製品の形状を決定していました。 

 

しかしソフトでは解析できないものや設計画面上では形状が確認できないものは、目で確認できるように試作が必要になります。従来は手作りしていたこの作業の効率化を図り、3Dプリンターを導入しました。

予算の範囲内という理由で選択したProJet™ HD 3000でしたが、 実際に導入して3Dプリンターの応用範囲の広さに気付きました。機構の確認という当初の目的以外に、顧客への商品プレゼンテションに効果的に利用しています。更には設計の段階においては社内でのデザインレビューに活用する等、開発時間の短縮にも効果を上げています。

 

 

 

 造形の精度も満足のいくものであり、また操作方法の習得が容易なこともあり、現在では部門内の全員がコンスタントにProJet™ HD 3000で造形作業を行っています。

日本の電力の安定供給を支えている日本カタン株式会社の架線金具、その製品開発にProJet™ HD 3000は大きく貢献しています。

ショールーム展示物.jpg造形物写真.JPG

エネルギー

エネルギー

消費材

消費材

部品製造

部品製造

建築 / 建設

建築 / 建設

文教

文教

医療

医療

試作 / サービス

試作 / サービス

電気 / 電子 / ハイテク

電気 / 電子 / ハイテク